[CCDカメラプロショップ ケイヨー] >

HD-TVI(フルHD防犯システム)

従来のアナログカメラで使用していたケーブルでも高画質で高精細な画像を撮影・録画する事のできるフルHD防犯システムです。

フルHD 屋外用防犯カメラ
フルHD 防犯レコーダー

HD-TVIとは?

HD-TVI

HD-TVIとは、[High Definition Transport Video Interface]の略で、アナログ方式にて、1280×720(720P)(ハイビジョン)や、1920×1080(1080P)(フルハイビジョン)での監視を実現した映像伝送システムです。

従来の52万画素を上限とするアナログカメラと比較すると、最大で約4倍の高画質で映像伝送が可能となり、使用するケーブルも従来のアナログシステム同様に、3C-2Vや5C-2Vといった同軸ケーブルを使用する事ができます。

同じく最大1920×1080(1080P)(フルHD)にて映像伝送可能なシステムに、HD-SDIがありますが、こちらは映像伝送の際に、使用するケーブルによっては映像の伝送距離が著しく低下したり、5C-FBケーブルを使用した場合でも、伝送距離は最大100mとなっており、長距離配線には不向きな側面があります。

HD-TVIであれば、従来のアナログカメラで使用していたケーブルでもお使いいただける為、新規のみならず、機器の入れ替え(リニューアル・リプレース)の案件でも対応のしやすい防犯システムとなっています。

HD-TVIカメラと従来のアナログカメラの比較
HD-TVIカメラ画像(200万画素)
防犯カメラ HD-TVI

HD-TVIカメラの画像です。

52万画素アナログカメラとの違いは一目瞭然です。被写体までの距離は同じく約5M。人物の表情やパネルの文字まで判別する事ができています。

従来のアナログカメラ画像(52万画素)
防犯カメラ HD-TVI

従来のアナログカメラの画像です。

被写体までは約5M。5Mのパネルの文字は確認できますが、人物の表情や手に持ったパネルの文字は判別できません。この部分を判別するには、望遠レンズを使用するか、カメラ本体を近づける必要があります。

解像度比較
解像度比較 ハイビジョン

3種類の画像解像度の比較イメージです。

960×480(960H)は、52万画素アナログカメラの解像度となり、その上に、1280×720(720p)(HD)や1920×1080(1080p)(フルHD)となります。
より解像度が高い方が、より高精細な画像が期待できます。

960×480(960H)サイズと1920×1080(1080p)(フルHD)サイズでは、4倍もの解像度の違いがあります。

解像度比較 フルHD
解像度比較 フルHD
解像度比較 HD
解像度比較 HD
解像度比較 960H
解像度比較 960H

このページの先頭へ

HD-TVIカメラ接続例
HD-TVIカメラ接続図

HD-TVIカメラの接続例です。

従来のアナログカメラと同じ接続方法となりますが、カメラとレコーダーの相性がありますので、相性を確認した上で機材をご用意いただくのが望ましいです。
HD-TVIレコーダーの中には、従来の52万画素アナログカメラや、その他別規格の信号も入力できる機種もありますが、同様に相性を確認した上でご用意いただくのが望ましいです。

ケーブルについては[5C-2V]や[3C-2V]といった同軸ケーブルを使用できますので、機器の入れ替え(リニューアルやリプレース)などでもお使いいただけます。

レコーダーからモニター接続は、高画質録画を行える機器の場合、HDMI出力を推奨しています。レコーダー側にHDMI等のデジタル出力が搭載されていれば、そちらに対応しているモニターを使用した方が、せっかくの高画質を余す事なくご使用いただけます。

HD-TVIカメラ配線距離

HD-TVIカメラの配線距離の参考数値です。

ケーブルの種類 配線可能な距離目安
5C-2V 500 m
3C-2V 300 m

※上記数値は理論値です。状況により変動する場合がございます。

このページの先頭へ

[CCDカメラプロショップ ケイヨー] > HD-TVI(フルHD防犯システム)