[CCDカメラプロショップ ケイヨー] > > > MT-SDR07AHD-UTC

SDカードレコーダー MT-SDR07AHD-UTC

フルハイビジョン録画・UTC機能対応のAHD信号・CVBS信号入力防犯用SDカードレコーダー

SDカードレコーダー

商品各部

  • SDカードレコーダー
  • フルハイビジョン レコーダー
  • SDカード レコーダー
  • 製品および付属品 MT-SDR07AHD-UTC

主な機能
  • SDカード
  • UTC
  • 録音
  • HDMI
  • 静音
  • AHD
  • CVBS
  • 1年保証

MT-SDR07AHD-UTC

  • AHD2.0およびCVBS(アナログ)入力対応
  • SDXCカード256GBまで対応
  • UTC機能(同軸制御機能)搭載

発送時期:通常24時間以内(注文個数による)

メーカー希望小売価格:60,000円(税抜)

価格:50,544円(税込)

数量



MT-SDR07AHD-UTCの詳細

SDカードレコーダー フルハイビジョン

MT-SD07AHD-UTCは、AHD(アナログハイビジョン)信号やCVBS(アナログ)信号の入力に対応した防犯用SDカードレコーダーです。

従来のCVBS(アナログ)カメラはもちろんの事、フルHDまでのAHD(アナログハイビジョン)カメラの入力にも対応する事で、より高画質・高精細な録画が可能となりました。

記録メディアは256GBまでのSD/SDXCカードに対応。
ハードディスクタイプのレコーダーに比べて、より小さいサイズで且つ熱にも強いので、ハードディスクタイプのレコーダーよりも設置の自由度は高くなります。
ハードディスクレコーダーでは設置に適さない場所でも、防犯システムを構築できる事は非常に強みです。

商店街や大規模なマンション・施設などで、1ヵ所で集中的に管理を行おうとする場合、大規模に配線をする必要があり、施工費が高額になるケースや配線ルートが無い場合があったり、既存の建物などに配管を行う必要性も出てくるので、外観も損なわれてしまう恐れがありました。
MT-SDR07AHD-UTCのようなSDカードレコーダーであれば、設置付近に電源が確保できれば、その場所で防犯システムを完結できるので、外観を損なう恐れのある配管や高額になりがちなシステム全体の配線を抑えることが可能です。

よりシンプルな防犯カメラシステムに[MTW-SD02AHD]や[ITR-190]といった、カメラにSDカードを挿入して記録行う製品もありますが、カメラを高い位置に設置してしまうと記録したSDカードを取り出すのにも苦労をしてしまいます。
カメラ設置場所とは別に取り出しやすい場所にウォールボックスなどを設置して、その中に本機を収納すれば、必要な時のデータ管理が非常に楽になります。

また、本機には録画データにパスワードを掛ける機能も搭載しています。
不特定多数が見れる環境でもデータの流出を防ぐ事が出来ます。

さらに、UTC機能(同軸制御機能)を備える事で、対応するカメラであれば、本機側からカメラメニューの設定変更やレンズコントロールが可能となります。

カメラ1台レコーダー1台のシンプルなシステム構築や、既存の施設、大規模なマンション、商店街など、新規の配線・配管が困難な場所でのシステム構築など、幅広くお使いいただけるSDカードレコーダーとなっています。

ウォールボックスと本機種をセットした[WB-36-MT-SDR07AHD-UTCセット]もご用意しております。


※AHDカメラには相性がございます。メーカーでは相性確認は行っておりません。カメラ相性にご注意ください。
弊社取り扱いのカメラに関しては、問題なく動作する事を確認しております。

※メーカー公表ではありませんが、[HD-TVIカメラ]の入力も可能となります。
ただし、UTC非対応の他、よりカメラ相性が出てしまう場合があります。ご使用の際は、弊社製の[HD-TVIカメラ]の使用を推奨いたします。

 
本体正面
フルハイビジョン アナログ レコーダー

本体正面です。操作ボタンが各種並んでいます。
操作ボタンは分かりやすい日本語表記です。

正面右下には電源や録画状態を示すLEDが搭載。
このLEDを見れば、現在の状況を大まかに確認する事が出来ます。

録画動作ランプ 【点灯:録画中】【消灯:録画停止/再生中】【点滅:SDカード未挿入/SD容量エラー】
電源動作ランプ 【点灯:電源入】【消灯:電源切】

外部アラーム・LED接続端子
フルハイビジョン レコーダー

6.LED-:LEDへの信号出力端子(マイナス)
5.LED+:LEDへの信号出力端子(プラス)
4.GND:グランド端子
3.Motion OUT:動体検知信号出力端子
2.GND:グランド端子
1.Alarm IN:外部アラーム入力端子

本体左側面
フルハイビジョン レコーダー

本体の左側面には各種信号端子やデータ転送用のUSB端子が搭載。
付属のUSBケーブルや市販品のUSBケーブルを使用すれば、カードリーダーのように本体とパソコンを接続して、データ転送を行ったり、録画映像を確認する事が出来ます。

本体右側面
SDカード レコーダー

本体の右側面には、電源スイッチやSDカードスロットが搭載。
物理的に切り替えるスライドスイッチを採用し、停電などで一時的に電源が落ちても、再度、通電すれば自動的に立ち上がる仕組みとなっています。(自動復旧)
いつ何が起きるか分からない事態を記録する防犯カメラシステムにおいて、この自動復旧機能は非常に重要となります。
SDカードは、SDXC256GBまで対応。
最高画質(1920×1080 25FPS)で、約178時間(約7日)の連続録画が可能となっています。

本体上面
SDカード レコーダー

本体の上面には電源入力端子やアナログ信号とHDMI信号の2系統の出力端子が搭載されています。
それぞれの出力端子は独立しているので、対応しているモニターが用意できれば、複数の場所で同時にモニターに表示する事も可能です。

本体底面
SDカード レコーダー

本体底面には、AHD(アナログハイビジョン)信号及びCVBS(アナログ)信号の入力端子と、音声入力端子があります。
映像入力は切り替える必要はなく、自動認識となっています。

付属リモコン
SDカード レコーダー

各種操作は本体操作ボタンだけでなく、付属リモコンでも行う事が可能です。
設置の際に本体操作ボタンが触りづらい環境になってしまった場合でも本体を取り出す事なく操作を行う事が出来ます。

※本体操作ボタンでは逆再生を行う事ができませんので、逆再生を行う場合は、リモコンにて操作を行ってください。

このページの先頭へ

各種機能および設定

メインメニュー
SDカード レコーダー

メインメニューの画面です。
分かりやすい日本語表示対応となっています。
海外製の製品では、日本語表示がおかしく分かりにくい表現になっている製品もありますが、MT-SDR07ASHDは、日本メーカーが手掛けているだけあって、しっかり分かりやすい表示となっています。
こちらのメイン画面から各種操作・設定を行う事ができます。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

再生画面
SDカード 防犯レコーダー

モニターに繋いだ状態で録画したファイルを再生する事が可能です。

画面左上の[日付]の下に、録画された日付順に並んでいきます。見たい日付を操作ボタンの上下で選択をして、その後に、選択した日付内のファイルを操作ボタンの右を押して選択をします。
画面の状態ですと、[2014年10月18日は、ファイルが14個作成され、14番目のファイルを選択している]状態となります。

再生は、通常速度の再生の他、2倍/4倍/8倍/16倍/32倍までの早送り再生が可能です。
また、一時停止の状態で早送りボタンを押すと、映像を1コマづつ再生するコマ送り再生となります。

※早送り・コマ送りとも、逆再生が可能ですが、本体の操作ボタンではお使いいただけません。
逆再生を行う場合は、リモコンにて操作を行ってください。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

日付・時間設定
時間設定 レコーダー

上下ボタンで変更したい項目を選択します。
白枠で囲われている箇所が選択されている項目となります。
設定されている日付・時間は、基本的に電源を切っても保持されていますが、ご使用に時間が空いたりした場合は、次回のご使用前に時間設定を行ってください。
また、毎日ご使用いただいた場合でも、少しずつ時間がズレる事がありますので、定期的に時間の修正を行ってください。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

動体検知エリア設定
動体検知 レコーダー

ここでは動体検知のエリア設定を細かく行う事ができます。
全体を選択できる他、縦12・横15のマスの中で、自由に検知エリアを選択する事も可能です。
色が付いていない白くなっている部分が検知しない場所となります。
写真のように扉の部分だけ検知しないようにする事も可能となります。
風で木が揺れたりする場合や、付近に人の導線があり、どうしても反応をしてしまう場合など、必要に応じて細かく設定をする事ができます。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

動体検知感度設定
SDカード 動体検知

エリア設定の他に、感度設定を行う事が可能です。
[モーションエネルギー]は、現在撮影している動く物体の強さを表しています。
その[モーションエネルギー]が[動体検知基準値]を超えた際に、動きとしてみなします。
基準値の目盛りは小さくなると感度が上がり、逆に目盛りが大きくなると感度が下がります
被写体がカメラから離れていると、被写体が小さくなり、[モーションエネルギー]が小さくなってしまいますので、実際に取付ける場所を想定して基準値を設定してください。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

手動録画設定
SDカード レコーダー

手動にて録画する際の、各種設定を行えます。

画像サイズは、1920×1080(フルハイビジョン)/1280×720(ハイビジョン)/960×480の3種類から選択できます。
AHD信号(2.0M以上):1280×720/1920×1080
AHD信号(1.3M/1.4M):1280×720
アナログ信号:960×480

※使用するカメラによっては、選択できる解像度は異なります。

フレームレート(録画速度の設定)は画像サイズによって、選択できる数字が変更されます。
[1920×1080]の場合は、01/02/04/10/15/20/25、
[1280×720][960×480]の場合は、01/02/04/10/15/20/30、となります。
画質は、NORMAL(標準画質)、HIGH(高画質)、BASIC(低画質)の3種類から選択できます。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

予約録画 動体検知
SDカード レコーダー

動体検知録画を行う場合は、ONを選択して、時間設定を行います。
左図の状態ですと、[12時00分~23時59分まで動体検知録画を行う]設定となっています。
動体検知を24時間動作させるには、[00:00-00:00]に設定してください。
録画秒数では動体検知時の録画秒数の設定を行います。
5秒間隔で5~90秒まで設定可能です。
10に設定すると、画面上に動きが無くなってから10秒後に録画を停止します。
プレ録画では、動体を検知する前からの録画開始時間を設定でき、0~10秒の間で選択できます。
05に設定すると、動体を検知する5秒前から録画を行います。
映像サイズ・フレームレート・画質は、手動録画と同様となっています。
外部アラーム入力がある場合は、N.C.(ノーマルクローズ)、N.O.(ノーマルオープン)のいずれかを選択してください。

※停止ボタンでは動体検知録画は停止できません。動体検知録画を解除する場合は、予約設定をOFFに設定してください。
また、使用するSDカード容量に関係なく、録画ファイルの最大数が90112を超えた場合は、自動上書き録画または、録画停止となります。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

予約録画 連続
SDカード レコーダー

予約連続録画を行う場合は、ONを選択して、時間設定を行います。
左図の状態ですと、電源が入っている状態で、[00時00分~11時59分まで連続録画を行う]設定となっています。
24時間動作をさせるには、[00:00-00:00]に設定してください。
画像サイズ・フレームレート・画質は、手動録画と同様となっています。

※停止ボタンでは録画停止は出来ません。
予約連続録画を解除する場合は、予約設定をOFFに設定してください。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

SDカードオプション
SDカード レコーダー

SDカードオプションでは、SDカード関連の設定を行う事ができます。
ディスク容量とディスク残り容量では、挿入しているSDカード容量と、そのSDカードの録画可能残り容量が確認できます。
最大ファイルサイズでは、SDカードに作成する1つのファイルサイズを設定します。
3/10/20/50/100MBの中から選択でき、ファイルサイズを小さくすると、SDカードに短い時間の録画データが、大きくすると長い時間の録画データが作成されます。
実測ですと、100MBを選択した場合、約5~6分に1ファイルが作成されます。
カードフルでは、SDカードの録画容量が無くなった時に、自動上書き録画または、録画停止の設定を選択します。

※撮影する映像により、設定したファイルサイズにならない場合や作成時間が短くなる場合があります。目安としてお考えください。
※フォーマットでは、SDカード内の全ての録画データを消去します。
消去した録画データは元に戻したり、再生させる事は出来ません。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

システム状況
SDカード フルHD

現在の設定状況の確認が可能です。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

電源設定
SDカード フルHD

電源設定の項目では、メニュー表示言語・映像出力信号・再生制限パスワードの設定を行えます。
メニュー表示言語は、日本語/英語の2種類。
テレビ出力は、1080P 60 / 1080P 30 / 1080I 60 / 720P 60 / 720P 30のいずれかより選択できます。

※使用するモニターによっては、対応していない出力がある場合があるので、ご注意ください。

パスワードでは、パソコンにて録画データを再生する場合のパスワード機能を設定します。
パスワード機能を有効にする場合は、数字を0001~9999の間で設定します。
パスワード機能を無効にする場合は、数字を0000に設定をしてください。

※初期状態では0000となっています。

※写真は同一メニューを採用している[MT-SDR1012]のものです。

パスワード解除用ソフト
フルHD レコーダー

パスワードが設定された録画データをPCにて再生するには、付属のパスワード解除用CD-ROMが必要となります。
付属CD-ROM内の専用アプリケーションをパソコンにコピーしてお使いください。

※一度パスワードを決めて録画したデータは、アプリケーション無しでは見る事が出来ません。
専用アプリケーションは無くされないように保管をしてください。

UTC機能(同軸制御機能)
UTC機能

本機種のUTC機能(同軸制御機能)は、対応するAHDカメラを接続して付属リモコンを使って、カメラメニューの設定変更や対応カメラのレンズコントロールが可能となります。


※UTC機能に対応した全てのカメラでご使用いただける機能ではございません。

自動フォーマット機能

FAT32以外の形式や64GB以上のSDカード(SDXC)を入れると、自動的にフォーマットを開始します。
フォーマットが終了すると、本機に対応したFAT32形式にて動作を始めます。

※SDカードや本体が故障する恐れがありますので、フォーマット中は本体の電源を切ったりSDカードを取り出したりしないでください。

設定の保存・読込機能

任意で変更・設定した内容をSDカード内に保存する事が出来ます。保存した内容を同一機種にて読込む事も出来るので、複数台で同じ設定内容にて運用する場合に有効です。

※複数の設定を同一のSDカード内に保存する事は出来ません。1つの設定ファイルを上書き保存します。
※消去した設定保存ファイルは元に戻す事は出来ません。上書きや消去にはご注意ください。

MT-SDR07AHD-UTCの記録時間目安

使用カメラ AHD2.0メガピクセル
録画解像度
フレームレート
SDカード
画質 HIGH
画質 Normal
画質 Basic
1920×1080
25FPS
128GB
89
183
368
1280×720
30FPS
128GB
226
475
920

使用カメラ AHD1.3メガピクセル
録画解像度
フレームレート
SDカード
画質 HIGH
画質 Normal
画質 Basic
1280×720
30FPS
128GB
260
572
1005

※目安表示の録画時間はあくまでも目安です。実際の録画時間は大幅に前後する場合がございます。
予めご了承ください。

このページの先頭へ

サンプル動画

AHD(アナログハイビジョン)カメラ使用

CVBS(アナログ)カメラ使用

このページの先頭へ

寸法図

SDカードレコーダー MT-SDR07AHD

このページの先頭へ

MT-SDR07AHD-UTCの仕様

型番 MT-SDR07AHD-UTC
録画方式 H.264
録画解像度 1920×1080 / 1280×720 / 960×480
※接続するカメラ信号による
録画速度 最大30fps ※録画解像度設定による
画質設定 3段階 HIGH / NORMAL / BASIC
記録媒体 SDカード(フォーマット形式:FAT32)1GB~256GB(別売)
SDカード推奨メーカー:Transcend(Class10)、San Disk(Class10)
再生速度 ×1 /×2 /×4 /×8 /×16 /×32 倍速
映像入力端子 BNC.J × 1
映像出力端子 HDMI(デジタル) / RCA.J(アナログ) × 各1
音声入力端子 RCA.J × 1
映像出力解像度 1080P 60 / 1080P 30 / 1080I 60 / 720P 60 / 720P 30
パソコン接続 USB 1.1 / 2.0(対応OS Windows 7/8)
使用動作温湿度 -10℃~45℃、30%~80%(結露なきこと)
電源 DC 12V ±1A
消費電力 最大約5.2W
重量 約245g
保証 1年間
製品および付属品
  • MT-SDR07AHD-UTC本体
  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • リモコン
  • パスワード解除用ソフト
  • 取扱説明書兼保証書
  • 製品および付属品 MT-SDR07AHD

※仕様及びデザインは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※全てのSDカードでの使用を保証する物ではありませんので予めご了承ください。
※64GB以上の新しいSDカードを入れると自動的にフォーマット更新を行います。

このページの先頭へ

MT-SDR07AHD-UTC

発送時期:通常24時間以内(注文個数による)

価格:50,544円(税込)

数量

商品について問合せ

オススメ周辺機器

MT-SDR07AHD-UTCと一緒に使うと便利な別売り商品
SPK-F190HBUX 屋外用 フルHD SPK-F190HBUX

4つの映像方式(HDTVI・HDCVI・AHD・CVBS)に対応した212万画素筒型防犯カメラ

発送時期:通常24時間以内

価格:39,800円 (税込)

SPK-F700HBG 屋内用 フルHD SPK-F700HBG

4つの映像方式(HDTVI・HDCVI・AHD・CVBS)に対応した212万画素小型防犯カメラ

発送時期:通常24時間以内

価格:29,800円 (税込)

8位
sdxcカード,256gb SDXCカード256GB

弊社取り扱い製品と相性抜群でオススメの大容量SDXCカード256GB

発送時期:通常24時間以内

価格:25,000円 (税込)

sdxcカード,128gb SDXCカード128GB

弊社取り扱い製品と相性抜群でオススメの大容量SDXCカード128GB

発送時期:通常24時間以内

価格:12,800円 (税込)

sdカード, 64gb SDXCカード64GB

弊社取り扱い製品と相性抜群でオススメの大容量SDXCカード64GB

発送時期:通常24時間以内

価格:7,980円 (税込)

電源 映像ケーブル 映像(BNCP)・電源延長ケーブル各種(DCV-SDI)

HD-SDIやアナログハイビジョン信号対応。映像線に3CHFB,電源線に5.3mm線を採用した電源・映像延長ケーブル各種

発送時期:通常24時間以内

価格:5,800円~ (税込)

屋外露出ボックス WB-36 WB-36(ボックス単体)

内部にSDカードレコーダーを収納できるAC電源ケーブル搭載屋外露出ボックス

発送時期:通常1~2週間

価格:35,000円~ (税込)

MT-SDR07AHD-UTCと機能の似た商品
HD-SDI対応防犯レコーダー MT-SDR1012

フルハイビジョン対応のHD-SDIカメラ専用のSDカードレコーダー

発送時期:通常2~3営業日

価格:74,800円 (税込)

SDカードレコーダー MDR-264A MDR-264A

自動復旧機能を搭載した防犯システムに最適なプロ仕様のSDカードレコーダー!

発送時期:通常3~5営業日

価格:54,000円 (税込)

SDカードレコーダー WB-36&MT-SDR07AHD-UTCセット

AC電源ケーブル搭載屋外露出ボックス&フルHD録画 AHD信号・CVBS信号入力SDカードレコーダーセット

発送時期:通常1~2週間

価格:75,544円~ (税込)

SDカードレコーダー WB-36&MT-SDR1012セット

AC電源ケーブル搭載屋外露出ボックス&フルHD対応のHD-SDIカメラ専用SDカードレコーダーセット

発送時期:通常1~2週間

価格:99,800円~ (税込)

SDカードレコーダー WB-36&MDR-264Aセット

AC電源ケーブル搭載屋外露出ボックス&CVBS方式SDカードレコーダーセット

発送時期:通常1~2週間

価格:79,000円~ (税込)

このページの先頭へ

2017.10.23

最終更新日 2017.11.07

[CCDカメラプロショップ ケイヨー] > 防犯用録画機器 > メモリーカードレコーダー > MT-SDR07AHD-UTC

こちらの商品は、修理などのサポートを終了しております