1. [CCDカメラ プロショップ ケイヨー] >
  2. 通販商品カテゴリー >
  3. 製品レビュー >
  4. 防犯カメラ(監視カメラ)の用語解説
防犯カメラ(監視カメラ)用語 解説

防犯カメラ(監視カメラ)のシステム導入をご検討されている方へ向けた防犯カメラ(監視カメラ)の専門用語集です。(随時更新)

防犯カメラ 監視カメラ 用語解説

あ行の用語

アイリス(絞り)

照度変化に合わせてレンズに取り込む光の量を調整するレンズの「絞り」の事。

F値で表し、数値が小さいほどレンズへ入る光の量が多くなり、明るい画像になる。

アスペクト比

モニター画面の縦・横の比率の事。

4:3あるいは 16:9 のモニターがよく使用される。

アパーチャ補正

映像信号の高域振幅の低下を補正する機能。

暗視カメラ

特に暗い場所を監視するカメラ。

主に超高感度式と赤外線照明式がある。

暗電流

レンズからの光を遮断したときに流れる撮像素子の信号電流。

一体型街頭防犯カメラ

防犯カメラと録画機が1つの筐体に組み込まれた機器。

製品1つでシステムが完結するのが特徴。

色収差

レンズの屈折率が光の色によって異なるために、 レンズに白色光を通すと焦点は一点に結ばずに、 屈折率の高い紫はレンズ側に、屈折率の低い赤はレンズから遠くに焦点を結ぶ。

これは波長によって屈折率と分散率が異なるために起きる現象で、 レンズでも程度の差はあれど同様の現象が起きる。

この波長の違いに起因する収差を色収差という。

インターレス

家庭用テレビで適用されている走査方式。

通常のテレビでは1枚の画面を2枚の絵を織り交ぜて画面のちらつきを軽減している。

インターレース方式

インターレース方式とは、走査線を一本おきに伝送し、1枚の画像を2回に分けて表示させる方式。

飛び越し走査方式とも呼ばれている。

オートアイリス

被写体の明るさに対してレンズの絞り(アイリス、前述)を自動で絞る機構の事。

このページの先頭へ

か行の用語

解像度

カメラ・モニターなどでどれだけ細かな表現ができるかを表す数値。

水平解像度・垂直解像度を共に画素数で示し、数値が大きいほど高解像度である事を表す。

画角

撮影可能な範囲の角度の事。

広い画角を撮影する場合は広角レンズ、狭い画角を撮影する場合は望遠レンズを使用して撮影する。

また、画角を自由に調整できるレンズをズームレンズと呼ぶ。

画素(ピクセル)

画像を構成する最小の単位の事。

ピクセルとも呼ばれる。

フルハイビジョンは、約200万画素であり、1枚の画像に1920 x 1080 ピクセルが集まり構成されている。

画像センサー

レンズから入る光量をデジタル信号に変換する撮像素子(カメラ部品)の事。

CCDセンサー、CMOSセンサーが主流となっている。

記録圧縮方式

監視カメラ、防犯カメラなどの実際の映像を録画機に録画する際に、圧縮して記録する方式の意味。

圧縮することで、ある程度、HDDに空きを作り、沢山の記録をすることが可能となる。

逆光補正

逆光時に入る光量を自動調整して、被写体が暗くならないように補正する機能。

広角レンズ

広角レンズとは、広い範囲・広い角度を撮影できるレンズの事。

レンズの焦点距離までの長さが短い程、広範囲(広角度)が撮影が可能となる。

高感度蓄積機能

自動的にシャッタースピードを調整し、暗い夜の映像も監視することが可能になります。

このページの先頭へ

さ行の用語

撮像

撮像は映像を記録する為の手段や方法。

フィルム、印画紙、撮像管などの記録媒体を言う。

撮像素子

別名画像センサーとも呼ばれる。

カメラの中の部品一部で、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する部品の事。

最低被写体照度

カメラが撮像できる限界の明るさで、単位はLux(ルクス)で表す。

最低被写体照度の数値が低い程、カメラの感度が高い事を意味する。

サーマルカメラ(サーモカメラ)

熱を感知する事のできるカメラの名称の事。

目には見えない遠赤外線を検出するセンサーが搭載されており、それらを利用して計測を行う。

シグナルノイズ比(S/N比)

カメラの出力信号と、それに含まれるノイズとの比を表しています。

S/N比が高ければノイズが少ない事を意味します。

焦点

レンズを透過した光線が交わる点です。

焦点距離

レンズの中心から焦点までの距離の事。

fで表し、fが小さいほど広角に、大きいほど望遠に対応。

焦点距離は一般的にf3.6mmや、f50mmといった数値で表される。

ズームレンズの場合は、18~55mmというように焦点距離の両端の数値で表す。

赤外線

人の目では認識する事が出来ない光の事。

赤外線照射距離

赤外線が照射可能な距離の事。

主に赤外線防犯カメラの仕様で記載されている。

カメラによって照射距離が異なる為、実際の設置時には注意する必要。

赤外線投光器

赤外線を投光する機器の事。

赤外線投光器が搭載されているカメラは、夜間に赤外線を照射し真暗闇でも撮影する事が可能。

このページの先頭へ

た行の用語

デイ&ナイト機能(D&N機能)

昼間はカラーで撮影し、夜間は高感度のモノクロに自動的に切り替える機能。

デジタルズーム

画像を拡大する機能。

ズーム倍率が大きい程、映像は粗くなる。

デジタルスローシャッター(DSS)

シャッタースピードを低速にし、通常よりも大きい光量を取り込み明るく撮影する機能。

デジタルレコーダー

監視カメラの映像や音声をHDD(ハードディスク)等の記録媒体に記録・再生する機器。

テラバイト

記録する容量の単位を表したもの。

TB(terabyte)と略記される。

電子シャッター

電気的にシャッターの働きを行うもの。

画像センサーへの入社光量の備蓄時間を調整し、映像を安定させる機能。

動体検知

映像の中の動きを検知する機能。

別名、モーション検知とも呼ばれる。

このページの先頭へ

な行の用語

ネットワークカメラ

LANケーブルによるIP通信方式を利用して、高解像度の映像・音声・アラーム情報を一度に配信するカメラ。

IPカメラ(アイ・ピー・カメラ)とも呼ばれる。

このページの先頭へ

は行の用語

ハイブリッド録画機

アナログ防犯カメラシステム・AHD防犯カメラシステム・IP防犯カメラシステム等、複数の映像信号規格に対応した録画機の事。

ハイライトコントロール(HLC)

撮影時に車のヘッドライトなどの強い光源を画像上で覆う機能。

エクリプス機能とも呼ばれる。

ハウジング

屋外で使用するカメラに対して、使用環境から保護する為のケース。

バックアップ

問題が発生した時に運用中の防犯システムから該当箇所のデータを複製や抜き出す事。

バリフォーカルレンズ

焦点距離を自由に調整する事が出来るレンズ。

バンダルプルーフカメラ

耐衝撃性防犯カメラの事。

強盗や不審者等の侵入の際に、ボディが堅牢に作られている事で、打撃を与えても壊れにくく耐久性に優れている特徴がある。

プログレッシブ方式

プログレッシブ方式とは、1フレーム内の走査を分割せずに一括して行う方法。

デジタル方式の防犯カメラ(監視カメラ)の多くで採用されている。

プライバシーマスク

撮影する場所の中に見せたくない部分がある場合、その部分だけを見せないようにする機能。

フリッカーレス(FL)

蛍光灯の商用電源周波数が東西で異なることにより発生する、撮影画像のちらつきを補正する機能。

電源周波数は、東日本は50Hz、西日本は60Hzとなっている。

プリセット機能

撮影場所や画角等をあらかじめ設定し、記録させておく機能。

主にPTZカメラに採用。

フレームレート(FPS)

動画の録画や再生において、1秒間に何枚画像を記録・表示するかを表す。

保護等級

国際電気標準会議(IEC)によって規定された機器内部の防塵性・防水性を表す規格。

例)IP66 等

ホワイトバランス

自然光や人工光に対して、白い色を正しく白色として表示させるよう補正する機能。

このページの先頭へ

ま行の用語

ミラーリング機能(RAID1)

入力信号を2台のHDDで記録し、片方が破損しても残り1台で記録情報をバックアップする機能。

メガピクセル

メガピクセルとは、デジタルカメラの性能を表す表現。

1枚の画像にピクセル(画面に表示する色情報の最小単位・画素)が100万個以上使用されている事を指す。

このページの先頭へ

や行の用語

有効画素数

総画素数に対して、実際に映像の形成に関わる画素数の事。

このページの先頭へ

ら行の用語

レコーダー(録画機)

カメラから送られてくる映像データを自身に搭載している記録媒体(HDD等)に保存する機器。

機器によっては、記録だけでなく記録映像を自由に再生、または別記録メディアにバックアップする事も可能となる。

このページの先頭へ

わ行の用語

ワイドダイナミックレンジ(WDR)

逆光などで被写体が暗くなる際、明るい画像と暗い画像を合成処理して明暗部の両方を確認可能にする機能。

太陽光が射す明るい屋外と暗い室内を同時に撮影した時、自然に両方の景色を捉えることが出来る。

このページの先頭へ

アルファベットA~Mの用語

ACアダプター(エー・シー・アダプター)

ACとは、Alternating Currentの略であり、小型家電製品等で用いられる電源装置を指す。

それぞれの機器に合わせた形式の電力を出力する。

AHD(エー・エイチ・ディー)

AHDとは、Analog High Definitionの略。

従来のアナログ方式とは異なる新しい映像信号送受信方式の規格。

アナログシステムでアナログカメラのおおよそ2倍の画質のハイビジョン映像が監視可能になるカメラシステム。

AGC(エー・ジー・シー)(オートゲインコントロール)

画像センサーへの入光量によって異なる信号レベルを制御し、出力信号レベルを一定にする機能。

AWB(エー・ダブリュー・ビー)(オートホワイトバランス)

自動的にホワイトバランスを調整する機能。

BNC(ビー・エヌ・シー)

電気信号を送信する同軸ケーブルを機器と接続するコネクタの形状。

Cマウント(シー・マウント)

監視用ビデオカメラに広く採用されるレンズマウント規格。

Cマウントのカメラに、CSマウントのレンズを取り付ける事は出来ない。

CSマウント(シー・エス・マウント)

監視用ビデオカメラに広く採用されるレンズマウント規格。

CSマウントのカメラにCマウントのレンズを取り付ける事は可能。(別途、C-CSマウント変換リング使用時)

CCTV(シー・シー・ティー・ブイ)(closed Circuit Television)

閉回路テレビションのこと。

一般的には監視用(防犯用)ビデオカメラシステムの事を指す場合が多い。

CIF(シフ)

画面サイズ 360ピクセル×240ピクセルの意味。

CMOSセンサー(シー・モス・センサー)(Complementary Metal Oxide Semiconductor Sensor)

CCDと並ぶカメラのイメージセンサーの一種。

CCDと比較して消費電力が低い特徴があり、さらなる省電力化・小型化も期待されている。

DVR(ディー・ブイ・アール)

デジタルビデオレコーダー(Digital video recorder)の略。

アナログ方式の防犯カメラや監視カメラの映像などをハードディスクに記録する機器の総称。

D1

画面サイズ 720ピクセル×756ピクセルの意味。

EX-SDI(イー・エックス・エス・ディー・アイ)

EX-SDI(Extended Serial Digital Interface)とは、HD-SDIの規格を進化・拡張させた、新しいビデオ信号伝送規格。

100mほどであった従来のHD-SDI方式と比べ2倍以上の配線距離を実現し高画質映像の長距離伝送を可能にした。

F値(エフ・値)

レンズの明るさを表す数値。

数値が小さいほど明るいレンズということになる。F=f/D(f:焦点距離、D:レンズの有効口径)

HDD(エイチ・ディー・ディー)

ハードディスクドライブ(hard disk drive)の略記。

情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種。

HD-CVI(エイチ・ディー・シー・ブイ・アイ)

HD-CVIとは、High definition Composite Video Interfaceの略。

中国の大手CCTVメーカー「Dahua(ダーファ)」が開発したAHDと同様にアナログ方式でHD画質が可能なシステムの規格。

HDMI(エイチ・ディー・エム・アイ)

High Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェース)の略。

映像・音声をデジタル信号で伝送する通信インタフェースの標準規格。

HD-TVI(エイチ・ディー・ティー・ブイ・アイ)

HD-TVIとは、High Definition Transport Video Interfaceの略。

AHDと同様にアナログ方式でHD画質の監視が可能なシステムの規格。

HD-SDI(エイチ・ディー・エス・ディー・アイ)

HD-SDI(High Definition Serial Digital Interface)とは、ハイビジョンに対応したビデオ信号伝送規格。

アナログHD規格と異なり、デジタル信号のまま伝送を行う為、輝度信号と色信号の干渉がなく、元イメージのまま伝送が可能となる。

H.265方式(エイチ・ドット・265・方式)

記録圧縮方式のひとつで、ブロックサイズの適正化など圧縮効率が優れており、MPEG-2(H.262)比で約4倍、H.264/AVCとの比較でも約2倍の圧縮性能を有する規格。

H.266/VVC

H.264/AVCおよびH.265/HEVCの直接後継となる動画像コーデック国際標準規格。

HD~UHD(4K、8K)解像度をもつSDR/HDR(Standard/High Dynamic Range)動画像、360°パノラマ動画像、Light-fieldカメラ、スクリーンコンテンツまで広範な用途での利用を目指している。

IPカメラ(アイ・ピー・カメラ)

LANケーブルによるIP通信方式を利用して、高解像度の映像、音声、アラーム情報を一度に配信するカメラ。

ネットワークカメラとも呼ばれる。

ITV(アイ・ティ・ブイ)(Industrial Television)

工業用テレビジョン。

工業用監視カメラとして使用しているビデオカメラシステムの事を指す。

防犯用の監視カメラもITVと呼ぶ場合がある。

JPEG(Joint Photographic Experts Group)

カラー静止画に用いる画像の圧縮方式のひとつ。

静止画を扱うファイルとしては最も一般的である。

Lux(ルクス)

明るさを表す単位。

晴天の屋外で100,000Lux、上映中の映画館の観客席で2~5Lux、月夜で0.5Lux程度となる。

単位は、lxで表される場合もある。

このページの先頭へ

アルファベットN~Zの用語

NTP(エヌ・ティー・ピー)(Network Time Protocol)

コンピューターの時刻合わせを行う為のプロトコル。

階層構造になったサーバーを使って、正確な時刻を確認する。

NTSC(エヌ・ティー・エス・シー)(National Television System Committee)

日本、米国等が採用している規格、カラー「NTSC」。

走査線数は525本、1秒間に30フレーム。

(欧州では、白黒「CCIR」、カラー「PAL」「SECAM」等を採用している。走査線数は625本、1秒間に25フレーム。)

NVR(エヌ・ブイ・アール)(録画機)

ネットワークビデオレコーダーの略。

IPカメラ専用を記録する方式のビデオレコーダーの意味。

PoE(ピー・オー・イー)(Power over Ethernet)

LANケーブル1本でネットワーク機器への電力供給と映像などのデータ通信を行う機能。

PTZカメラ(ピー・ティー・ゼット・カメラ)

パン(横)・チルト(縦)・ズーム(テレからワイド)の画角を調整できる機能が搭載されたカメラ。

上下左右自由に画角を動かすことができ、カメラ1台で広範囲の撮影が可能となる。

RAID(レイド)

Redundant Arrays of Inexpensive Disksの略。

複数台のハードディスクに分散して記録し、より高速で信頼性の高いディスク装置を実現する技術。

デジタルレコーダーに内蔵されているHDDにRAID技術を採用することで、HDD故障時のデータ保護、あるいはデータの復元が可能となる。

RGB出力(アール・ジー・ビー・出力)

カラー映像出力方式の一種、赤(R)信号、緑(G)信号、青(B)信号の3原色に分離された方式を指す。

S端子(エス・端子)

Separatedの略。

デジタル映像信号入出力端子の規格のひとつ。

UHF(ユー・エイチ・エフ)

周波数帯の区分の略称の1つ。

極超短波として、非常に高い周波数のこと。

周波数は、300MHz~3.000MHz。

VGA(ブイ・ジー・エー)

VGAは、アナログRGBコンポーネント映像信号を出力もしくは入力する装置のコネクタ、および、その信号を伝送するケーブルに用いられるコネクタの事。

アナログRGB端子やD-sub端子とも呼ばれる。

防犯カメラ業界では、映像の解像度を表す場合もある。(640ピクセル×480ピクセル)

VHF(ブイ・エイチ・エフ)

30~300MHzの周波数の名称。

日本ではテレビ用として1~12のチャンネルで使用されている。

このページの先頭へ

数字の用語

2CIF

画面サイズ 720ピクセル×240ピクセルの意味。

4K(UHDTV)

4K UHDTV(4K UHD)はITUが定めた規格。

3840✕2160ピクセル。

フルハイビジョン(1080i)のちょうど4倍の画素数の映像。

960H

画面サイズ 960ピクセル×582ピクセルの意味。

720P

画面サイズ 1280ピクセル×720ピクセルの意味。

100万画素カメラの画像サイズ。

このページの先頭へ

その他の防犯カメラ講座

最終更新日 2021.07

こちらの商品は、修理などのサポートを終了しております